お風呂上がりにて〜和の香りを楽しむ お香入門

f0172313_02402004.jpg
〜お風呂上がりにて〜
さらりとしたタッチで生活シーンのお香のたのしみを描いています。
書籍挿絵

香水のルーツは、古代の宗教儀式などで用いられたお香。フランス語で香水のことを、パルファン(=Parfum)と言いますが、こちらの語源はPer Fumum(煙で)というコトバなんですね。西洋では10世紀ごろから香水が親しまれてきましたが、日本では、衣類、部屋などに「香を焚きつけて使う」のが長いこと主流でした。そして今でも小さな香炉で気軽に優雅にお香を楽しめるのです。
和の香りを楽しむ お香入門 より
山田松香木店 (監修)  版元東京美術
f0172313_01594422.jpg
ブックデザイン折原カズヒロ氏
f0172313_01594422.jpg

</center><br>


by mayuminillustnote | 2019-09-26 02:40 | 生活シーン 働習家旅車遊 | Comments(0)