ブルガリア バラの谷 地球はともだち 環境ポスター展@市ヶ谷山脇ギャラリー

f0172313_18184217.jpg
地球はともだち 2018環境ポスター 2018作品はブルガリアのバラの谷がテーマです。
アジア中国とヨーロッパの中央に位置するブルガリアはダマスクローズの産地です。

バラの谷 The Valley of the Roses

ブルガリアのほぼ中央、北のバルカン山脈と南のスレドナ・ゴラ山脈の谷間にある。
栽培に適した気候により、バラはこの地方の一大特産物となっている。
毎年6月の第1日曜日には収穫を祝う祭
りが開かれ、民族舞踊などで観光客を楽しませている。

カザンラク Kazanlak
バラの谷の東寄りにあり、バラ産業の中心地として栄えてきた町。
バラの収穫祭が行われる6月には多くの人々でにぎわいをみせる。
トラキア王国の都だった時代、その名残となるトラキア人の墓は1500とも言われ世界遺産となっている。


「地球はともだち チャリティー2017カレンダー展+環境ポスター展」@市ヶ谷山脇ギャラリー
2017/11/24(金)- 11/30(木) 11:00 – 18:00 日曜休館
※初日17日は14時〜、最終日24日は14時まで。
◉レセプションパーティ:25日(土)15:30〜17:15
地球はともだち http://www.tiqtomo.com/




https://www.rosefestivalkazanlak.com/guide-rose-festival-kazanlak-bulgaria-kazanluk-valley/
ブルガリアKazanlakの2019ローズフェスティバル
ローズフェステバルは首都のソフィアから東に200kmのところにあるバラの谷、カザンラクで行われます。


Rose picker in traditional Bulgarian folklore clothing near Kazanlak, Bulgaria
ブルガリアカザンラク近郊の伝統的なブルガリアの民族衣装のローズピッカー

5月6月はバラの収穫の季節

ローズバレーは、しばしば、トラキア王の谷と呼ばれることもあります。
エジプトの王の谷のように、約1500の墓が密集しており、多くはトラキア王の遺跡を保有しています。
ブルガリアのバラは13世紀頃から生産され、
生産者は優れたローズオイルの独創的な製法を研究することにもたけていました。
今では世界のバラ油の半分近くを生産しています。

地元の農家たちは、たくさんの労働者を迎え入れ、一年の成果を得るために、
花びらの収穫やバラの加工のために多くの準備をして幸せなダイナミックな時を迎えるのです。
早朝から摘み取る女性たちは、古くからの伝統で最初の一輪を髪につけます。
作業には、摘み取ったバラが乾燥しないように花びらの水分がしみない柳のバスケットが使われています。




by mayuminillustnote | 2018-10-18 18:08 | 作品展 ニュース | Comments(0)