小説すばる挿画


f0172313_23413128.jpg

集英社 小説すばる9月号
牧村一人(まきむら・かずひと)さんの短編小説
「雨の夜の臭い、死の臭い」の挿絵を描きました。

父親のもとで辛い育ち方をした 小説家を目指す男。
底知れぬ、人の闇の根は、おおむね幼少期にあるといいますね。

f0172313_23415104.jpg


小説本でのお仕事、人間の様々なありようや、
情景を描くこと、こつこつやっていきたいとおもっております。
文芸、コラム等のお仕事では細谷麻柚美のクレジットで描いています。


f0172313_15400296.jpgf0172313_15395853.jpg



by mayuminillustnote | 2015-08-11 23:39 | 文芸 挿絵 | Comments(0)

Mayumin works&news


by mayuminillustnote